東京地震対策

東京地震対策はお済ですか?実践的な防災対策をご紹介!

東京地震・防災グッズ
>>楽天1位獲得【防災士が厳選した防災グッズ43点セット】

 

30年以内に88%の確率で襲ってくることが分かっている「首都直下型地震」

 

当サイトでは、大地震をしっかり生き抜くために絶対に知って頂きたい行動マニュアルを作成しました。

 

当サイトを何度も読み返す事で、実践的な防災対策が身につきますので、いざ、地震が来た時は冷静に行動が出来ると思います。

 

【スポンサードリンク】

 

防災グッズの場所は家族全員が把握していますか?

 

東京地震・防災グッズ

 

いざという時に備えて、いつでも分かる場所に防災グッズは準備していますか?

 

ネットリサーチによりますと、防災グッズなど地震対策をされている方は、全体の58.5%という事で、約4割の方は全く対策をしていない事が分かりました。

 

半数以上の方が防災グッズや地震対策を行っている方が分かりましたが、さらに絞り込んで、防災グッズの場所を家族全員がしっかり把握しているか?っていうと把握していないのがほとんどです。

 

それでは、宝の持ち腐れとなってしまい非常にもったいないです。

 

まずは、家族全員が常に分かる場所に防災グッズを備えておくことが大前提となります。

 

防災グッズで必要最低限の物は何か?

 

東京地震・防災グッズ

 

巷には星の数ほど存在するさまざまで画期的な防災グッズが存在します。

 

非常に魅力的ですよね!

 

ただ、あれこれ「必要かも」っていう気持ちで購入し、安心してはいけません。

 

防災グッズで必要最低限の9項目とは?

 

1、飲料水・飲用以外の水

1人1日に3リットルが必要と言われています。家族4人の場合は、ペットボトル16〜20本用意します。
飲用のみ3〜4日分飲用以外の水に関しては、トイレや食器洗い、体を拭いたりするケースで使用します。
それらの水はお風呂の水を利用しますので、毎回、お風呂の水は抜かずに溜めておく習慣にしておきましょう。

 

2、非常食

保存期間が長くて火を通さなくても食べられる食品(レトルト、インスタント、乾パンなど)保存期間は2〜5年ものがベストです。

 

3、医薬品

常備薬、三角巾、包帯、ばんそうこう、はさみ、ピンセット、消毒液、整腸剤、持病がある方は、薬品名をメモしておく。

 

4、衣類

防寒具、毛布、下着類、靴下、軍手、雨具、カイロなど

 

5、停電対策

懐中電灯(発電機タイプがオススメ)、ろうそく、ライター、携帯ラジオ、予備の電池など

 

6、緊急時、救助用も用意しておく

笛、コンパス、ナイフ、はさみ、シャベル、バール、のこぎり、ハンマーや工具類

 

7、貴重品

現金(硬貨とくに10円玉は公衆電話で利用)、お札に関しては、つり銭切れでお金が戻ってこないケースがあります。
お金は硬貨が安全、身分証明書(免許証、保険証、パスポート)、預金通帳、印鑑、権利書、各種カード

 

8、長期避難生活が想定のケース

卓上コンロ、ガスボンベ(結構使用頻度たかいので多めに用意)、固形燃料、調理用具、寝袋、洗面用具、トイレットペーパー、古紙、バケツ、ラップ(スーパーの透明の袋でも代用OK)、携帯用のトイレ・簡易トイレ(災害時はトイレ問題は深刻なので絶対に必須)、紙袋、ビニール袋

 

9、あったら便利なもの

布タイプのガムテープ(油性マジックでメモに使用や飛び散ったガラスの破片を取る際に活躍します)、梱包用のひも(ビニールテープ)、風呂敷、段ボール

 

【スポンサードリンク】

 

非常袋の中身チェック!(一時持ち出し品)

 

非常袋には、あれこれ詰め込みすぎないのがポイント!

地震がおさまってから後で色々自宅から持ち出すので、まずは、必要最低限のものだけ入れておきましょう!

 

・飲料水(500mlペットボトル数本)
・非常食
・医薬品(消毒液、胃薬、解熱剤、鎮痛剤)
・簡易食器セット(家族分)
・衣類(防寒具)
・懐中電灯(発電機式がベスト)
・携帯ラジオ(発電機式がベスト)
・電池
・現金(10円玉沢山)
・貴重品
・ローソク、ライター
・雨具
・はさみ、ナイフ
・タオル(大、小)
・ウェットティッシュ
・スマホ用のバッテリー(重要)
・筆記用具(マジック追加)

 

まずは上記のものを最低限入れておくようにしておきましょう。

避難場所の確保ができ、揺れも大分おさまってきてから、自宅からさらに必要とされるものを持ち出す感じとなります。

 

・裁縫セット
・カイロ
・折り畳み式のポリタンク(これ凄い重要)
・台車
・自転車
・アウトドア用品一式(かなり活躍します)
・非常用の浄水器
地震で断水又は、水が出るが濁って飲めない状況は長引きます。そんな濁った水をしっかりろ過してくれる浄水器式の水筒もかなり便利です。

 

>>防災士が作った3日間生き抜く為の38種類43点セットの防災グッズはこちら